to index
index > 資料館① 大山道場・極真会館編

資料館① 大山道場・極真会館編

【日本空手道極真会 大山道場】
大山道場(おおやまどうじょう)は、大山倍達が経営した空手道場である。後に 1964 年 (昭和39年)に設立される極真会館の前身となった。
概要
  • 大山が剛柔流の出身(剛柔会副会長)だったこともあり、発足当初はその一道場として位置付けられていたが、後に「日本空手道極真会 大山道場」と名乗り、独立する。
    指導の特色は、実戦における強さ向上を目的とし、相手の体に直接、突きや蹴りを当てる組手を行い、それまで一般的であった他流派の寸止め組手とは一線を画していた。
    手や肘による顔面殴打、金的攻撃、投げ技・関節技を認める等、現在の競技として普及しているフルコンタクト空手とも異なっている。
    組手スタイルに統一されたものは無く、多種多様で、実戦空手の実験場のような体を成していた。
    また、他流派が行っていなかった基礎体力作りを、本格的に取り入れていた。
    大山道場と銘打っていたものの自らの修行に忙しい大山は、特に道場の初期、入門者への指導を率先して行っていなかった。その代わりに、大学空手部出身の安田英治(松涛館流)、石橋雅史、南本一郎(以上、剛柔流)らや黒崎健時が、師範代として門下生を指導した。
歴史
  • 1954 年 (昭和29年)
    ・目白 の自宅庭に「大山道場」の看板が正式に掲げられる
  • 1956 年 (昭和31年)
    ・池袋 の立教大学裏にあるバレエスタジオへ移転
  • 1958 年 (昭和33年)
    ・黒崎健時が成増に国内初の支部道場を開く
  • 1964 年 (昭和39年)
    ・大山道場の代表として黒崎、中村忠、 藤平昭雄 [ 注釈 1] がタイに遠征して、ルンピニー・スタジアムでムエタイ選手とムエタイルールで戦い、黒崎は敗北したものの、中村と藤平はそれぞれKO 勝ちをし、3対3の対抗戦を2勝1敗で収めた。
    ・国際空手道連盟極真会館へ組織を刷新し、総本部道場を竣工
  • 注釈
    後に藤平は、大沢昇のリングネームで 1960 年 代後半~ 1970 年 代前半に、国際式ボクシングで11戦10勝1敗、キックボクシングでは67戦56勝50KO8敗3引き分け、の戦績を残した。
【国際空手道連盟 極真会館】
極真会館(きょくしんかいかん)は、大山倍達が創始した空手団体。
正式名称は国際空手道連盟 極真会館(こくさいからてどうれんめい きょくしんかいかん)である。
前身は日本空手道極真会 大山道場。
極真の由来は「千日を以って初心とし、万日を以って極とす」という言葉の“心”を“真”に変え、名称とした。
組織概要
  • 1964年(昭和39年)4月に財団法人極真奨学会を冠し、会長に佐藤栄作(当時国務大臣)、副会長に毛利松平(当時衆議院議員)を迎え、国際空手道連盟極真会館が設立された。
    館長(後に総裁)に大山倍達が就任。同年6月に 東京都 豊島区 西池袋 に総本部が竣工。
    なお、建設には資金援助をしてくれた人たちのほか、黒崎健時の貢献がとても大きい[1]と中村忠は証言している。
    伝統派空手 に対し、極真会館は直接打撃制(フルコンタクト)の提唱と啓蒙を行い、年1回の全日本空手道選手権大会と、4年に1回の全世界空手道選手権大会を開催してきた。
    現在、各々が極真会館を名乗り、団体毎に門下生が在籍。個々に上記大会や付随する各種大会が行われている。
歴史
ここでは大山倍達が、館長及び総裁に就いていた時代を記す。
  • 極真会館は、
    ・直接打撃制大会の開催と成功
    ・マスメディア 戦略に注力し、ファンや門下生の増加
    ・育成した弟子を各地に派遣し、支部の設置と指導がそれぞれ相乗効果を働き、発展してきた。
  • 史上初のフルコンタクトによる大会開催までの道のり
    会館竣工以降、念願であった全日本空手道選手権大会の開催に着手する。
    今でこそ直接打撃制の大会をいろいろな流派が開催しているが、当時はこのルールで大会を行なうと主張する極真会館に対して、会場側は決して協力的ではなく、なかなか確保できなかった。
    東京体育館 とは都合3年も交渉を行い、ようやく 1969 年 (昭和44年)9月に第1回全日本選手権が開催できる運びとなった。
    なお、遡ること同年4月に弟子の山崎照朝、添野義二らがNET(現・テレビ朝日)の『ワールドキックボクシング』へ参戦。キックボクシングはNET 他、TBS、日本テレビ、東京12チャンネル(現・テ レビ東京 )の4局で放映され、新興スポーツとして注目されていた。
    その場で山崎照朝や添野義二がKO 勝ちして強さをアピールしたことも、結果的には大会の宣伝となっている。
  • 極真の看板を守り抜く
    “オープントーナメント”と謳った全日本空手道選手権大会は、流派を問わない参加の呼びかけを行なった。韓武館(現・全日本空手道連盟錬武会)をはじめ、申し込みをした選手の半数が他流派で、なかにはアメリカ人のヘビー級ボクサー、イスラエル人の柔道家、 ムエタイ 選手 と、他格闘技からもエントリーしてきたことで、さながら“異種格闘技戦”の様相を呈していた。
    無差別級 で直接打撃制によるKO(ノックアウト)で決定するとし、反則は「顔面を殴ること」「頭突き」「急所攻撃」のみで、投げや掴みも認められていた(現在は禁止)。
    6時間にわたる激しい試合展開となったが、キックボクシングでも活躍をした山崎照朝が優勝、添野義二が準優勝と主催者である極真会館の選手が上位を守った。
    大山倍達 も「これで極真の看板を下ろさずにすんだ……」と溜飲をさげ、興行的にも7,000人の観衆を集め、成功。このことが翌年以降の継続的な開催に繋がり、 1975 年 (昭和50年)には第1回オープントーナメント全世界空手道選手権大会も開催。現在に至っている。
マスメディア戦略
下記の積極的な宣伝、啓蒙活動が、“極真カラテ”の知名度を飛躍的に拡げた。
  • 漫画・劇画
    梶原一騎 の原作で『虹を呼ぶ拳』、『空手バカ一代』、『四角いジャングル』などで、大山倍達と極真会館は実名で取り上げられた。特に『空手バカ一代』は大山を主人公にし、弟子も紹介された作品で、アニメ化や映画化もされた。
  • 映画
    東映 は、大山道場時代からの弟子である千葉真一(現・JJサニー・千葉)主演で、大山倍達を主人公にした『けんか空手 極真拳』 1975 年 (昭和50年)、『けんか空手 極真無頼拳』 1975 年 (昭和50年)、『空手バカ一代』 1977 年 (昭和52年)を、三協映画が『地上最強のカラテ1・2』 1976 年(昭和51年)、『最強最後のカラテ』 1980 年 (昭和55年)を制作し、それぞれ公開された。
    東映の3作品には、大山道場や設立直後の会館で師範代を務めた石橋雅史も出演している。
    これら劇画や映画に、極真会館は全面的に協力した。
  • 出版
    大山倍達自らも精力的に執筆した。 1966 年 (昭和41年)には極真会館の機関誌として、月刊『近代カラテ』(後に『現代カラテ』→『現代カラテマガジン』と変更)を発行。
    1978 年 (昭和53年)からは新たに『月刊パワー空手』を機関誌として創刊した。また、『空手バカ一代』に登場した弟子のほとんどが、各々自叙伝や技術本を出版した。
  • テレビ・雑誌
    1973 年 (昭和48年)の第5回オープントーナメント全日本空手道選手権大会からテレビ中継され、その後、全日本・全世界大会開催毎に 東京 12 チャンネル やNET で放送された。
    雑誌 では『ゴング格闘技』(日本スポーツ出版社)、『格闘技通信』(ベースボール・マガジン社)、『 フルコンタ クト KARATE 』(福昌堂)にも頻繁に登場した。
  • 効果
    以上により、影響や触発された読者、視聴者が観客や入門者となり、極真ファンや門下生の増加に貢献した。また、才能ある若者が集まる波及効果もあった。
    1980年代に選手で活躍した 松井章 圭 、増田章、黒澤浩樹らは、大山の著書や映画、劇画の影響で極真会館に入門したと言っている。
弟子を各地へ派遣
  • 1950年代は大山倍達が国内外を遠征をしていたが、1960年代半ばから、弟子を国内外各地に派遣し、支部の設立と門下生を育成した。
    海外では1966年(昭和41年)の黒崎健時が渡欧したのを皮切りに中村忠、大山茂、大山泰彦、三浦美幸、岸信行をアメリカ各地へ。
    加藤重夫をオーストラリア、松島良一をシンガポール、磯部清次をブラジルへと派遣し、帰国した者を除き、支部長として永住させた。
  • また、自ら来日し総本部で稽古したジョン・ブルミン、ヤン・ヘン・カレンバッハ、ルック・ホランダー(以上、オランダ)、スティーブ・アニール、ハワード・コリンズ(以上、イギリス)、ジャン・ジャービス(ニュージーランド)、ジョン・テイラー(オーストラリア)らを帰国後、現地の支部長や指導員に任命した。
  • 国内でも芦原英幸、添野義二、長谷川一幸、高木薫、浜井識安、大石代悟、東孝らを派遣や帰郷などで、各地の支部長に据えた。
  • これらの活動が佐藤俊和、二宮城光、田原敬三、チャールズ・マーチン、ウィリアム・オリバー、ウィリー・ウィリアムス(以上、アメリカ)、アデミール・ダ・コスタ、フランシスコ・フィリォ(以上、ブラジル)、ジャン・リビエール(カナダ)、ハワード・ロブマン、ミッシェル・ウェーデル、ジェラルド・ゴルドー、ピーター・スミット(以上、オランダ)、アンディ・フグ(スイス)、マイケル・トンプソン(イギリス)、ハンス・ラングレン(スウェーデン)、サム・グレコ(オーストラリア)、ケニー・ウーデンボガード(南アフリカ)らの孫弟子輩出となり、組織拡大に繋がった。
  • しかし、1970年代半ばから相次いで弟子の破門、独立が発生(独立した団体)。
    ほとんどの支部が独立採算を取っていた為、現地の門下生も一緒に離れることとなった。
  • 一時的に縮小したりしたものの拡大の勢いは落ちず、1990年代に入ると各都道府県へ支部の設置が完了し、最盛期には世界 123 ヵ国、公認支部道場1,000以上、会員1,200万人の規模]となった。
百人組手
百人組手(ひゃくにんくみて)とは極真会館の修行の一つであり、1人の空手家が連続して100人の空手家と1日で組手を行うことである。
  • お互いがつかみ防止の握り棒(直径1.5cm、長さ7cm)を持ち、1回の組手時間は2分で行なわれる。組手中の勝敗は問われない。完遂は、表の10人である。
  • 達成者 達成日 組手時間 所要時間 一本勝ち 優勢勝ち 引き分け 負け
    ハワード・コリンズ 1972 年 (昭和47年)12月1日 2時間10分 (どちらか不明)        
    三浦美幸 1973 年 (昭和48年)4月13日            
    松井章圭 1986 年 (昭和61年)5月18日 2時間24分 4時間 46 29 13 12
    アデミール・ダ・コスタ 1987 年 (昭和62年)4月25日 2時間55分 (どちらか不明)        
    三瓶啓二 1990 年 (平成2年)2月24日            
    増田章 1991 年 (平成3年)5月19日 3時間20分 (どちらか不明) 41 5 40 14
    八巻建志 1995 年 (平成7年)3月18日 2時間17分15秒 3時間27分 22 61 12 5
    フランシスコ・フィリォ 1995 年 (平成7年)3月18日 2時間9分9秒 3時間8分 26 50 24 0
    数見肇 1999年(平成11年)3月13日 3時間20分40秒 4時間4分 16 42 42 0
  • アデミール・ダ・コスタのみブラジル支部で行い、それ以外の完遂者は全て総本部で行なっている。
  • 当時、大山倍達は「アデミールが達成したことは、きたる第4回世界選手権に向けて末恐ろしい」と言う一方で「総本部以外での百人組手は認めない。
    理由は実施ルールが総本部と支部は違うから」とも語り、それ以降の百人組手は他支部所属、他国所属の者もすべて総本部道場を訪れて挑戦するようになった。
  • もっとも、松井は総本部でなく待田京介のプロデュースする映画の撮影で、映画スタジオ(東映東京撮影所)で行われた。
  • また挑戦した時期により、
    ・ルール(1人あたりの組手時間が2分や1分と不統一、対戦者はローキックの使用を禁止、対戦者のみ握り棒を必須)が曖昧
    ・対戦者のレベル(挑戦者によっては女性、緑帯、黄帯、初心者である白帯が対戦者に含まれていた、同支部の黒帯は対戦者から除外)がまちまち
    ・サポーター の装着有無に差があり、難易度は一様でない。ただし、直接打撃制である点は共通している。
  • 怪我で組手自体が続行不可能になることもあり、完遂しても身体へのダメージ(脱水症状、全身打撲、肝機能障害、腎不全)が残る。
    達成した松井章圭、増田章、八巻建志、数見肇は入院をしている。
  • 完遂者以外では
    1972 年 (昭和47年)9月に大山泰彦は61人
    1979 年 (昭和54年)8月24日(19時開始)に三瓶啓二は49人(1回目の挑戦)、同年8月26日に中村誠(13時開始)は35人、三好一男(16時開始)は45人
    1984 年 (昭和59年)11月18日に小笠原和彦は43人で失敗に終わった。
    泰彦は後述を参照。三瓶、中村誠、三好らは真夏の死闘であった。小笠原は26人目で相手の道着に引っかかって負傷した右足小指が悪化したため、大山倍達がストップをかけた。
  • ちなみに小笠原は第16回全日本選手権(5位入賞)から2週間後に行っている(本人は4日前に言われた)。
    三浦美幸も一週間前に大山倍達から指名された。松井は大山倍達から「やりなさい」言われた時に、最大限の準備期間と夏を避けたいことから「3か月、時間をください」と頼み、実施日を調整した。
    泰彦、ハワード・コリンズ、三浦は海外インストラクターとしての旅立つ前の儀式として実施された。
  • 三瓶、中村誠、三好は「最強最後のカラテ」の撮影を兼ね、小笠原は千葉県内神社特設リングで「最強のカラテ キョクシン」の撮影中に実施された。
    増田、八巻、フィリォ、数見は、世界大会優勝候補筆頭の「通過儀礼」としてそれぞれ行われた。
    アデミールは自らやりたいと申し出ている。
    三瓶は当初50人組手の予定だったのを大山倍達に頼み込み、2回目の挑戦となった。
  • 挑戦者は極限状況に陥ることから、闘争本能がより激しくなったり、意識朦朧となりやすい。
    松井は67人目で頭突きと道着をつかんでの膝蹴りを行い、増田は76人目で噛み付きをした。
  • また、増田は99人目で金的攻撃を受け、苦しんだ。
    三瓶は現役引退者としては初で最高齢(35歳)の達成者である。
    しかし、約1時間の休憩を2回取り、その間に立会い責任者である大山倍達が途中で退室してしまい無効ではないかという意見もある。
    もっともコリンズの場合も大山倍達は四国に滞在していたので、その場に立ち会っていない。
    八巻とフィリォは同一対戦者であった。
    八巻が真っ向勝負で組手を行なっていたの対し、フィリォはリーチを生かして、左手を伸ばし間合いをとり、カウンターの横蹴り、足掛け、回し蹴りを使っていた。
    フィリォは終了後、それまでの達成者が病院で精密検査を受けたのに対して「大丈夫。問題ない」と言い、病院へは行かなかった。
    なお、フィリォは総本部での百人組手のシミュレーションを兼ねて、1 ヶ月前の2月5日にブラジル支部で既に百人組手(一人1分30秒)を行い、2時間45分で達成していた。
  • もともと百人組手は、外国人門下生が帰国する、もしくは海外に長期派遣する門下生への送別の意味を込めて行われていた。
    1965 年 (昭和40年)5月21日にスティーブ・アニール、同年10月15日に中村忠、 1966 年 (昭和41年)9月17日に大山茂、 1967 年 (昭和42年)8月5日にルック・ホランダー、同年11月10日にジャン・ジャービスがそれぞれ達成している。
    しかし、その当時の百人組手は、2日もしくは3日間かけて行なわれていた。その後、大山倍達が百人組手は1日で行うものと定義付けしてからは、上記5名は正式な達成者として認められていない。
    ちなみに1日で行われた百人組手の最初の挑戦者は、大山泰彦である。このときの死闘は、後年史上最激の百人組手と云われるほど、激しいものであった。
分裂騒動
  • 1994年
    大山倍達 の死後、極真会館の審議(評議)委員長であった梅田嘉明が「大山総裁は遺言で松井章圭を次期後継者に指名された」と発表。
    5月10日に、梅田を 財団法人 極真奨学会 理事長、松井を館長、郷田勇三を最高顧問、盧山初雄を最高顧問・主席師範、支部長協議会の会長を西田幸夫とし、新体制で運営が始まった。
    6月に入り、遺族が記者会見を行い「遺言に疑問があるので法的手段にでる」と発表し、本葬時にも抗議活動を行なった。国内の支部長では、9月迄に高木薫ら計5人が離れた。
  • 1995年
    2月に高木ら5人の支部長は大山智弥子未亡人を館長とし、結集(遺族派)。
    4月に新体制が松井派と、西田、三瓶啓二ら35人の支部長がいる支部長協議会派に分裂。
    この国内の分裂は海外にも波及し、世界各地で支部の取り合いや分裂が発生した。
    松井派は中村誠や山田雅稔ら12人にまで減ったが、半年後には川畑幸一ら9人が支部長協議会派から復帰した。
    8月には智弥子館長を頭とし支部長協議会派と遺族派が合流(大山派)。同年から各種大会が松井派と大山派に分裂して開催されるようになった。
  • 1996年以降
    松井派と大山派は、それぞれの機関誌である『ワールド空手』と『極真魂』誌上で数年間、双方の正当性を主張しあっていた。1997年3月17日に、遺言書の有効性を否定する判決が最高裁で確定した。
    その間に大山派は、協議会派と遺族派に再分裂。
    協議会派は2000年に西田、増田章が離脱。さらに理事の役職にあった田畑繁、七戸康博、桑島靖寛らが離れ、前後して離脱した長谷川一幸、大石代悟らと全日本極真連合会を発足させる。
  • 2001年に長谷場譲も協議会派を離脱し、極真会館長谷場道場と称する。
    協議会派に残留した者が現在の新極真会となった。
    遺族派は松島派、手塚グループ、宗家に分かれる。
    一方、松井派でも2002年に梅田が奨学会と共に、松井と袂を分かつ。
    同年に盧山も離脱すると地区本部長を務めていた廣重毅、湖山彰夫らも続き、彼らは極真館を興した。
  • 2005年に水口敏夫、河西泰宏らが、2006年には浜井識安が離れ、分裂が続いていた。
    この期間に黒澤浩樹、 小 笠原和彦 、八巻建志、数見肇が独立し、自派を発足している。
    選手ではニコラス・ペタス、野地竜太が離脱した。
現在の状況
「国際空手道連盟 極真会館」もしくは「極真」を名乗る主な団体として(順不同)、
  • (IKO1) 極真会館(松井派)(松井章圭)
  • (WKO/IKO2) 新極真会(緑健児)
  • (IKO3) 極真会館 松島派(松島良一)
  • (IKO4) 極真会館 手塚グループ(手塚暢人)
  • (IKO5) 全日本極真連合会(田畑繁、七戸康博、桑島靖寛、長谷川一幸、大石代悟、高橋康夫、岡田幸雄、瀬戸利一、他)
  • (IKO6) 極真館(盧山初雄) ※財団法人極真奨学会参加協力団体
  • (IKO SOSAI) 極真会館 宗家(大山喜久子)
  • 極真空手 清武会 (西田幸夫)
  • 極真会館 極眞會 (水口敏夫) ※財団法人極真奨学会参加協力団体
  • 極真会館 浜井派 (浜井識安) ※財団法人極真奨学会参加協力団体
  • 極真会館 増田道場 (増田章) ※全日本極真連合会参加協力団体
  • 極真会館 長谷場道場(長谷場譲)
などが存在している。また、小規模の道場や海外も含めれば更に増加する。
松井派、宗家、新極真などは、自らが正当であるとして他の極真諸派の存在を認めなかったり、認めていても消極的である。
それに反して連合会や奨学会は、他の極真諸派の存在を認めようとする団体である。
奨学会には極真館、極眞會、浜井派などがそれぞれ参加協力している。現在、“極真”の商標裁判で宗家、連合会、奨学会らは、それぞれ松井派と係争中である。
なお、この分裂騒動を報道の他では家高康彦が『極真大乱』で、小島一志が『実戦格闘技論』で著している。
極真会館から派生、独立した団体
以下はあくまでも著名な団体のみを上げる。こちらも小規模な団体や海外も含めれば更に増加する(独立した順で記す)。
  • 極真武道会 (ジョン・ブルミン)
  • 誠道塾 (中村忠)
  • 佐藤塾 (佐藤勝昭)
  • 正道会館 (石井和義)
  • 芦原会館 (芦原英幸)
  • 士道館 (添野義二)
  • 真樹道場 (真樹日佐夫)
  • 大道塾 (東孝)
  • 国際大山空手道連盟 (大山茂・大山泰彦)
  • 徹武館 (田原敬三)
  • British Karate Kyokushin-ka i(スティーブ・アニール)
  • 円心会館 (二宮城光)
  • 逆真会館 (山崎照朝)
  • 黒澤道場 (黒澤浩樹)
  • 三浦道場 (三浦美幸)
  • 八巻空手 (八巻建志)
  • 数見道場 (数見肇)
  • 創天会 (小笠原和彦)
  • ニコラス・ペタス道場 (ニコラス・ペタス)