to index
index > 空手のコツ⑦

突きが相手に当たる瞬間に、威力を上げるコツを教えてください

<突きが相手に当たる瞬間に、威力を上げるコツを教えてください>

突きを効かせるコツは、拳をインパクトの瞬間に思い切り握り込むことです。
当たる瞬間に握りが甘ければ "木”、きっちり握り込んでいれば "石"。
そのくらいの違いがあります。
しかし、それを意識するあまり、握りっぱなしになってしまう人がいます。
それだと、突きそのもののスピードが落ちてしまうので、注意する必要があります。
空手の握りは、いわゆる"鷲掴み"ではありません。手首を曲げて、前腕や肩肘に余分な力を入れません。
貫手の時のように指先から肘までを真っ直ぐ伸ばした状態から、指先から巻き込んで拳頭を直角にして、手首を真っ直ぐにします。その後、親指で四本指を抑えるようにします。
その握りのまま、当たる瞬間にギュッと握りを強くします。
当たるまで軽く握ると言っても、拳の何処にも隙間が空くことではありません。
当たる瞬間に拳を握るタイミングさえ覚えれば、握力が弱くても、" 効く"突きが出来るようになります。
もちろん、このタイミングをおぼえることにより、拳を鍛えたり、握力を高めたりする稽古が活きてくることは言うまでもありません。