to index
index > 空手のコツ⑧

KOパンチ(上段蹴り)の秘密を教えて下さい

<KOパンチ(上段蹴り)の秘密を教えて下さい>

相手をKOさせる一番簡単な方法は、脳を揺らすことです。
つまり、脳震盪を起こすのです。
人間の筋肉運動を司るのは、大脳皮質の運動野という部分。ここが、人間の筋肉に「動け!」と命令を出しています。
そのため、大脳皮質の運動野から発せられる命令を、いかに打撃を用いて遮断するかがポイントになります。
KOされた状況を簡単に説明すると、次のようになります。
洗面器(頭蓋骨)の中に水を入れ、豆腐(脳)を浮かべている状態を想像して下さい。
パンチや蹴りが当たると、この洗面器が激しく揺さぶられます。当然、中の豆腐も激しく揺さぶられます。すると、脳(豆腐)の一時的な機能障害が起こり、体の平衡感覚を司る大脳皮質の運動野からの命令が途絶えてしまうのです。
それによって、体や手足が麻痺し、立ち上がろうにも立ち上がれなくなってしまいます。これが、顔面殴打(上段蹴り)によるKOの仕組みなのです。