haseba
戻る
資料館@ 極真空手創始者・大山倍達総裁編
【大山 倍達】(おおやま ますたつ、 1923 年 7 月 27 日 ( 旧暦 6 月 4 日 ) - 1994 年 4 月 26 日 )
空手家 、国際空手道連盟総裁・極真会館館長。
旧名は崔永宜(チェ・ヨンウィ、???)。
極真空手 十段。なお、韓国国籍では 1922 年 7 月 27 日 生まれとしている。
1970 年代 に週刊少年マガジンに連載された劇画『空手バカ一代』でも、主人公として取り上げられた。
以下は本人著書・自称などに基づく客観的に確認できない情報を含んでいます。
全羅北道 金堤郡(現:金堤市) 龍池面 臥龍里にて、父・崔承玄(チェ・スンヒョン、???)と母・金芙蓉(キム・ブヨン???、)との間の6男 1女の第4子として生まれた( 東京市 杉並区 出身としている場合もあり)。
他にも崔猛虎(チェ・メンホ、???)、大山猛虎、大山虎雄、崔倍達(チェ・ペダル、???)などを名乗っていた事もある。
大山の姓は、書生として住み込んでいた大山家(大山茂、大山泰彦の実家)の恩義から名乗ったとする説があり、日本名にも使った「倍達」とは、檀君神話に登場する伝説上の古代王朝、倍達国から。朝鮮民族は「倍達の民」「倍達民族」を美称として使うことがある。
幼少期は満州と朝鮮半島で育ち、16歳で山梨県の山梨航空機関学校(現日本航空高等学校)に入学、石原莞爾の東亜連盟に参加、軍人を志すが、卒業する前に終戦となる。
その後、卒業。拓殖大学司政科卒業。早稲田大学高等師範部体育科中退。
1938 年 9月に空手を松濤館流の船越義珍に師事、その後松濤館流と剛柔流を主に学ぶ。
終戦後 は千葉を中心に民族運動に参加したとする説もある。
また、「山篭り」で空手修行に励んだともいう。
短期間ではあるが、 1956 年 に大東流合気柔術の吉田幸太郎から合気柔術とステッキ術も学んだ。その他、 講道館 柔道 、アマチュア・ボクシングも研究している。
1947 年 に京都で開催された戦後初の空手道選手権で優勝、 1952 年 にプロ柔道の遠藤幸吉四段と渡米、1年間ほど滞在して全米各地で在米のプロレスラーグレート・東郷の兄弟という設定(Mas. Togoのリングネーム)で空手のデモンストレーションを行いながら、プロレスラーやプロボクサーと対決したとされる。
ビール瓶 の首から上の部分を手刀打ちで切り落とした時、観客は驚嘆し、「Hand of God」「Miracle Hand」などと形容された[要出典]。
帰国後、牛を倒し(合計47頭、うち4頭は即死。)、その映像は映画『猛牛と戦う空手』( 1954 年 )として公開された。
多くの武道家と交流し、また世界各国を巡りさまざまな格闘技を研究、空手の指導を行い、直接打撃制の空手(極真空手-フルコンタクト空手)を作り出した。
目白の自宅の野天道場、池袋の バレエ スタジオ 跡の大山道場を経て、国際空手道連盟極真会館を設立し、数々の名だたる弟子・名選手を輩出している。
多くのフルコンタクト系各流派を生み出す元ともなった。豪快で情に厚い人物であったという。
1994年4月26日午前8時、肺癌による呼吸不全のため 東京都 中央区 の聖路加国際病院で死
去。70歳没。
大山の危急時遺言で、韓国にも戸籍上の妻と三人の息子がいることが判明。後に大山が日本国籍を取得した際も韓国国籍を抜いておらず、韓国と日本の二重国籍者であることも分かった。
非常に握力の強い空手家であった。著書『強くなれ!わが肉体改造論』によると、若い頃の握力は100kgを超えていたとの事(最近の検証では120〜130kgあったと言われている。)。
若い修行時代から、両手の五指の訓練は欠かさなかった。
その結果、硬貨を、親指・人差し指・中指の腹の部分で押さえて曲げる事が出来たとされる(「パワー空手」の記事による)。
未だにこの記録を打ち破る者は、自らの弟子からも、それ以外からも出ていない。大山の著書には柔道家の木村政彦が実見しているとある。
目撃談として、剛柔流の山口剛史(山口剛玄の息子)が「浅草公会堂で演武会を開いた時(1953 年)、10円玉を曲げていた。後で目の前でやってもらったこともある」と言い、大山道場の師範代を務めた南本一郎は「初めて会った時に、3つの指で10円玉を曲げたんですよ。それもハンパな曲がり方じゃなくて、しっかり曲がってた」と証言している。
若き日の横山やすしがクラブで大山と遭遇した際に10円玉が曲げられるかどうかで言い合いになり、大山は「僕は曲げられるけど今日は帰るよ」と言い残し、横山は「兄ちゃんちょっと待て!逃げんのかい」と絡んだ。
なお、横山は大山を何者であったのか全く知らずにクラブのママから空手道場を経営されている人と紹介され、横山は「明日おまえんとこ決着に行ったるわ」と啖呵を切る(横山やすしの弟子である横山ひろしの証言)。
『空手バカ一代』などの漫画でもこのエピソードが語られ、この際全身にジンマシンが出るという話を聞き、当時の週刊少年マガジン編集長が連載を決意したという逸話がある。
劇中では「原因は不明だが人間の限界を超えた動きの副作用」というような表現がされていた(『男の星座』)。また貧乏空手家時代に、他人のオゴリへの返礼としてこの技を余興として見せたという。
これら(硬貨曲げ等)はトリックがあったと指摘する関係者もいるが、指摘の真偽は不明である。
10円玉の硬貨折りを実見したと語る人も多数存在する。
前述の証言をした山口剛史は幼少の頃、新年会や演武会で大山の硬貨折りやビール瓶の手刀斬りなどの神技を見るのが楽しみだったと語っている。
宮本武蔵 を深く尊敬していた大山は、作家吉行淳之介と対談した際、吉行から「五味康祐によると武蔵はホモだったそうですね」と言われたため、怒りのあまり吉行を殴りそうになったが、自制して手を出さず、怒りを顔に表すことすらしなかった。
このため吉行は大山の怒りに気付くことなく平然と対談を終えたが、後日、知人を介して大山から危うく暴行を加えられる寸前だったと知り、恐怖におののいたと語っている。
青年時代より、日本ボディビル界の祖と言われた若木竹丸の著書「怪力法」に影響を受け、戦後実際に若木よりウエイトトレーニングの指導を受けた。発達した胸筋と背筋のためレントゲン撮影では薄く影が出来るほどであったといわれる。
またパンチ力の増強のために懸垂が有効と聞けば、最後は片手で懸垂を連続20回こなすほど腕力があった。
その反面、若い頃の大山の空手は、荒々しく実戦を重視しすぎていたため、巻き藁突きやサンドバッグ、組手稽古やボディ・ビルの鍛錬ばかりして、型の稽古を嫌い、たびたび先輩方から苦言を受けるほどであった(空手修行時の大山を知る空手関係者は異口同音に「彼は力は強いし、組手や実戦は強いが型は下手」と語っていた)。
壮年期から晩年にかけて好んで剛柔流の「転掌」や「鉄騎」を演じるフィルムが現存し重厚で見事な型稽古を見ることができる。大会においての最後の演武は創作型「円転掌」であった。
1991年の第5回全世界空手道選手権大会においてアンディ・フグがフランシスコ・フィリォに止めが入った後上段回し蹴りにより失神したのを見て「止めが入ってとはいえ倒された者は勝者にふさわしくない」としフィリォの一本勝ちを認めた。
戦前、戦後にかけて、韓国人であるが日本武術で身を立てようと決心する。
本人の豪放磊落な気質と、人柄の良さ、韓国生まれによる儒教精神による厳格な年功序列や礼儀正しさにより大多数の、武術、格闘技関係者から親交を受けていた。
船越義珍 から1年3か月で初段を得て以降、剛柔流の山口剛玄や゙寧柱(書籍における日蓮宗僧籍"゙七大師")、大東流合気柔術の吉田幸太郎、朝鮮YMCAからアマチュア・ボクシング、ピストン堀口からプロボクシング(実際地方のボクシング興行で試合した経験もあり)、曾根道場での 講道館 柔道 、若木竹丸や井口幸雄などからボディ・ビルや重量挙げ、金城裕から沖縄空手との交流や空手界の古老との仲介役になってもらったりと、当時としても多岐に渡る格闘技、武術関係者との親交を深める。
また、武術修行のみならず、船越門下では実力随一であった船越義珍の三男「義豪」を見舞ったり、本部朝基の弟子、山田辰雄(書籍では由利辰朗)、太気拳の澤井健一、玄制流空手、躰道の祝嶺正献、虎殺しの空手家、山元勝王などとも親交を結んでいた。
主な著書
技術書 自伝 武道論 その他 脚注
  1. 早稲田大学高等師範部 国民体錬科は 1946 年 に体育科と改称され、 1951 年 に高等師範部は教育学部に改組された。
  2. 京都座における京都文化協会主催の体育大会を指すとして、はっきりとしたルールのある「大会」では無いとする説がある。
  3. 日本拳法の選手が握手をしてもらった後に、選手の手の平には手形の跡が残るほど強烈な握手だったとの伝聞が存在する
  4. 拳聖 大山倍達 地上最強の空手』 (福昌堂) 1998年4月1日発行 p.117
  5. 『蘇る伝説「大山道場」読本』 (日本スポーツ出版社) 2000年1月4日発行 p.42
  6. 大山は歴史小説『宮本武蔵』の作者である吉川英治に知己を得ており、極真会館の道場訓は吉川の監修を得たものである。
  7. 吉行淳之介 対談 浮世草子』1971年、三笠書房・集英社。
年表

Copyright © haseba dojo. All rights reserved