haseba
戻る
資料館@ 大山道場・極真会館編
【日本空手道極真会 大山道場】
大山道場(おおやまどうじょう)は、大山倍達が経営した空手道場である。後に 1964 年 (昭和39年)に設立される極真会館の前身となった。
概要 歴史
【国際空手道連盟 極真会館】
極真会館(きょくしんかいかん)は、大山倍達が創始した空手団体。
正式名称は国際空手道連盟 極真会館(こくさいからてどうれんめい きょくしんかいかん)である。
前身は日本空手道極真会 大山道場。
極真の由来は「千日を以って初心とし、万日を以って極とす」という言葉の"心"を"真"に変え、名称とした。
組織概要 歴史
ここでは大山倍達が、館長及び総裁に就いていた時代を記す。 マスメディア戦略
下記の積極的な宣伝、啓蒙活動が、"極真カラテ"の知名度を飛躍的に拡げた。 弟子を各地へ派遣 百人組手
百人組手(ひゃくにんくみて)とは極真会館の修行の一つであり、1人の空手家が連続して100人の空手家と1日で組手を行うことである。 分裂騒動 現在の状況
「国際空手道連盟 極真会館」もしくは「極真」を名乗る主な団体として(順不同)、 などが存在している。また、小規模の道場や海外も含めれば更に増加する。
松井派、宗家、新極真などは、自らが正当であるとして他の極真諸派の存在を認めなかったり、認めていても消極的である。
それに反して連合会や奨学会は、他の極真諸派の存在を認めようとする団体である。
奨学会には極真館、極眞會、浜井派などがそれぞれ参加協力している。現在、"極真"の商標裁判で宗家、連合会、奨学会らは、それぞれ松井派と係争中である。
なお、この分裂騒動を報道の他では家高康彦が『極真大乱』で、小島一志が『実戦格闘技論』で著している。
極真会館から派生、独立した団体
以下はあくまでも著名な団体のみを上げる。こちらも小規模な団体や海外も含めれば更に増加する(独立した順で記す)。

Copyright © haseba dojo. All rights reserved