haseba
戻る
資料館A 押忍

「押忍」は、空手関係者なら、年齢、性別、国籍、人種、政治、思想、宗教、文化、流派などを超えて、世界中で通じる言葉といっても過言ではありません。
 空手道の挨拶で使われる「押忍」には、尊敬・感謝・忍耐という意味があります。心身を練磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる空手の修行が、社会生活や人間関係にも生かされるのです。
古来より、言葉には「言霊」が宿ると言われ、人の心は言葉に支配され、言葉が心を構成します。素晴らしい言葉に触発され、自らも肚の底から発することで心も変わり、取りも直さず「人間が変わる」ということになります。
「押忍」という言葉にも、そんな力があります。「押忍」は、実に含蓄のある言葉です。
「押忍の精神」は究極のサムライ精神です。鍛え上げた空手の技は刃物と同じです。当然、理性の下に管理されていなければなりません。これこそが「理力」です。
故に「押忍」の「忍」の字は、「刃」と「心」を合わせて一字で書きます。この理力により、かかる外敵を制圧し、自己の内面にある我欲や脆弱さ等の負の面を抑(押)え制するのです。
「天に棄物なし」という言葉があります。つまり、どんなことも、自分の身に起きる現象は全て意味があって起こる必然なのだということです。
森羅万象、我が身に降り掛かる全ての事象を、超プラス思考で肯定的に捉えて甘受します。
「押忍」というキーワードは、人生修行という道を照らす懐中電灯のようなものです
光に照らし出されたものは、どんなものであれ自分にとって必要あって光が当てられたものだと信じて、とにかく素直に受け入れます。これには相当の覚悟が要ります。ほんの少しでも油断すると、不平不満が頭をもたげてきます。
この言葉の力を信じて、何が起きても「押忍(ありがとうございます)」と腹の底から言ってみましょう。「押忍の精神」を身に着けようと思ったら、何事にも感謝することです。
 「型から入って、型から抜ける」というのが稽古の極意なら、「押忍の精神」を作る方法もまったく同じです。自分にとって不都合なことが起こったら、瞬間に「押忍」という言葉を発するのです。
ただし、本当に感謝の気持ちを言葉で発することが肝心です。
しかし、これは言葉で言うほどに簡単なことではありません。相当な訓練が必要です。
自分にとって都合がよいと思えるときは喜びを素直に表現できますが、嫌な事、辛い事と感じたときは、口に出さないまでも心の中で悪態をついてしまいます。
自分の意にそぐわないときに、感謝が出来たときにこそなお、「押忍の精神」が生まれます。
なかには、「押忍の精神」ということを、負け犬が尻尾を振ってボス犬に付き従うようなものと勘違いしている者がいますが、主体性を無くす事でも、長いものに巻かれることでもありません。
時には、理不尽に思えるほどですが、屈するのは形であって、心ではありません。何でも楽しみながら、肯定的に受け止めるのです。
それは、上意下達に盲従する「卑屈の精神」とは対極にある、屈して屈せぬ「不屈の精神」を内包しています。バネは縮むほどよく伸びます。「雄飛」のための「雌伏」なのです。
逆境に対しての受け止め方と「押忍の精神」の関係を考察して見ます。
「ピンチがチャンス」という言葉があります。それは、逆境が訪れた時に立ち向かい乗り越えるところにチャンスが芽生えるということです。
 逆境に対して不平や不満を言わない人は、傍から見て相当に厳しいことにも、「乗り越えられない試練はないよ」とニッコリと素直に受け切っています。
不幸に見舞われたときに、その不幸は自分に必要あって起きたことと受け止め、その場で修行の在り方を点検してみることが大事なのではないかと思います。
いろいろと過去を悔やんでみても意味がありません。むしろ、ここを契機に大きく飛躍するチャンスなのだと捉えてみることです。
 悔しさも、情けなさも、不注意を責める心も一切を捨てて、「押忍」と素直になりきり、今何が出来るかと精神力を鍛えるチャンスかもしれないと前向きに取り組んでみます。
真剣に取り組んだ時、一見不幸と思われたことが人生修行のステージを一段引き上げる役目をすることになります。
つまり、修行において大事なのは、「その時、その場の心になる」という「押忍」という素直さなのです。例え、その時には受け入れ難いことも、必要あって起きたことと素直に現状を受け切っていくことで、別な角度から現状や自分を見つめることが出来るのです。
「押忍」と素直になりきるためには、猜疑心を消し去り、精神がクリヤーになっていなければなりません。「押忍」と素直に貫くためには勇気と体力も必要です。後はただ実践あるのみです。
「押忍の精神」がもつ秘めた力を実感したとき、人生修行の階段を最速で駆け上がる力を得ることができたと断言します。


Copyright © haseba dojo. All rights reserved