haseba
戻る
資料館A 人間五十年
<人間五十年、 化天のうちを比ぶれば>
『人間五十年、 化天のうちを比ぶれば、 夢幻の如くなり 一度生を享け、 滅せぬもののあるべきか これを菩提の種と 思ひ定めざらんは、 口惜しかりき次第ぞ』 直実が出家して世をはかなむ中段後半の一節に、
『思へばこの世は常の住み家にあらず
草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし
金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる
南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり
人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ』
という詞章があり、織田信長がこの節を特に好んで演じたと伝えられている。
「人間(じんかん)五十年」は、人の世の意。
「化天」は、六欲天の第五位の世化楽天で、一昼夜は人間界の800年にあたり、化天住人の定命は8,000歳とされる。
「下天」は、六欲天の最下位の世で、一昼夜は人間界の50年に当たり、住人の定命は500歳とされる。
信長は16世紀の人物なので、「人間」を「人の世」の意味で使っていた。
「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」の正しい意味は、「人の世の50年の歳月は、下天の一日にしかあたらない」である。
幸若舞(こうわかまい)の演目『敦盛(あつもり)』の一節。
『敦盛』は、源平合戦を主題とした物語である。
熊谷直実(くまがい なおざね)という源氏方の武将が、一ノ谷の合戦で年端もゆかぬ平敦盛(たいら の あつもり)という少年武将を手にかけてしまう。
自分の息子とそう変わらない少年を殺めたことに思い悩んだ直実は、世を儚んで出家する。
つまり俗世を離れて僧侶になった。
その際に『人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか』という一節が出て来る。
詩の大まかな意味は、 『人の世のせいぜい50年とは、天上の化天の時間の流れからすれば、夢や幻のようにあっという間である。
一度、生を享けた者で死なない者はいないのだ』 という厭世的な内容である。
これが、のちに織田信長の好んだ一節として有名になり、こんにちにも伝わっている。
特に、桶狭間の戦い前夜、今川義元軍の尾張侵攻を聞き、清洲城の信長は、まず「敦盛」のこの一節を謡い舞い、陣貝を吹かせた上で具足を着け、立ったまま湯漬を食したあと甲冑を着けて出陣したという『信長公記』の伝記が有名である。
『此時、信長敦盛の舞を遊ばし候。
人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。
一度生を得て滅せぬ者のあるべきか、と候て、螺ふけ、具足よこせと仰せられ、御物具召され、たちながら御食をまいり、御甲めし候ひて御出陣なさる。』『信長公記』

Copyright © haseba dojo. All rights reserved