haseba
戻る
資料館A 空手バカ一代編
空手バカ一代(からてばかいちだい)は、1977年まで週刊少年マガジンで連載された、梶原一騎原作、つのだじろう・影丸譲也画の少年漫画、もしくはそれを原作としたテレビアニメ、映画である。
空手家・大山倍達の半生を描いた伝記的作品である。
寸止めでの組手を主体とする日本の伝統的空手界に異を唱え、邪道と謗りを受けながらも実際に打撃を当てる独自の空手(フルコンタクト空手)を提唱、国内や海外を転戦する姿を追った第一部(つのだじろう画)と、自流である極真会館の立ち上げと世界進出を弟子たちの活躍と絡めて描いた世界制覇編(影丸譲也画)の二部構成となっている。
第一部は大山倍達を主人公に、世界中を転々としながら各地の強豪と戦う様子を描いている。
山篭り以後は、一貫して背中まで伸びた長髪の姿で描かれていた。
極真会館を設立した第二部からは、ストーリーの軸が大山個人から極真会館の当時の高弟へとシフトしている。
その一人である芦原英幸には、別の高弟のエピソードや武勇伝を加え、準主人公として描き、大山と人気を二分するほどになった。
しかし後に梶原は、芦原のあだ名「ケンカ十段」やヤクザ15人KO事件は、安田英治のエピソードを使ったと『男の星座』で発表している。
「実話を基にしたノンフィクション作品」という触れ込みであったが、真樹日佐夫は「内容の九割以上は梶原の創作だったと述べ、松井章圭も「漫画の通りに捉えていいのは、山崎先輩(山崎照朝)だけです」と語っている。
その一方で、本作は3年前(1968年)に発行されている大山著の『世界ケンカ旅行』(ベストセラーズ新書)が基になっているという見方もある。
いずれにしても、梶原が"大山倍達(談)"と頻繁にストーリーの中で示したことと、それを余すところなく表現した劇画調の筆致により、連載中は絶大な人気を誇った。
第二部に登場する大山茂、中村忠、山崎照朝、添野義二ら高弟の中には、現在でも指導者として活躍している人間が多い。
なお、本作に触発されて極真会館に入門し空手を始めた人間は非常に多く、大山と極真の知名度向上を語る上で欠かせない作品となった。
アニメ版
 1973年10月3日〜1974年9月25日にNETテレビ(現・テレビ朝日)系の毎週水曜日19時30分から20時00分まで放送された。全47話。
様々な事情に配慮してか、主人公は大山倍達ではなく架空の空手家「飛鳥拳」となっている。
ピストン堀口や木村政彦といった、原作において物語の展開に重要な役割を担っていた実在の人物も、アニメ版には登場しない。
また劇中の飛鳥拳は、結婚せず独身のままで通すなど、原作・現実の大山倍達とは異なる部分も少なくない。
前半は比較的原作に近い話だが、後半は世界中をさまざまな格闘技と戦いながら旅をする内容となっており、オリジナルストーリーも少なくない。
アニメ版独自のエピソードに登場する敵は、ほとんど素行の悪い悪人として描かれているため、ストーリーは空手対異種格闘技というよりも勧善懲悪色が強いものとなっており、少年向けアニメとして飛鳥拳のヒーロー性を高めるための演出がなされている。
主題歌 [編集]
  • OP「空手バカ一代」
  • (作曲:平尾昌晃 作詞:梶原一騎 編曲:小谷充 歌:大安蓮、パイオニア児童合唱団)
  • ED「空手道おとこ道」
  • (作曲・編曲:小谷充 作詞:梶原一騎 歌:山崎照朝・ロイヤルナイツ)
映画
1977年に東映で実写映画化されている。
第一部が「けんか空手極真拳」、第二部が「空手バカ一代」のタイトル。
主演は千葉真一、有明省吾は千葉の実弟の千葉二郎が演じた。
格闘シーンをよりリアルにするため、千葉の対戦相手役に鶴見五郎、リップ・タイラー、エディ・サリバン、スネーク奄美らプロレスラーが出演している。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Copyright © haseba dojo. All rights reserved