haseba
戻る
空手のコツ@
追い突きなど、移動しながら突いた時に威力を上げるコツは?
移動稽古のポイントと同じです。 大切なのは、下半身です。
重心が前へと移るタイミングでの腰の回転、突きを放つタイミングが一緒になると、強力な突きを放つことができます。 腰を素早く回転させるためにも、逆の手=引き手を素早く行いましょう。
また、突いた時に、ヘソの向きと拳の方向が同じであること。
拳に力を集約させるイメージを持ちましょう。
後ろ足の前方への踏み込みや腰の回転、突きのタイミングが合わないと、腰が正面を向かず、拳に力を集約させることができません。
そして、ダラダラと力が伝わっていくのでなく、全身が一のタイミングで集約させるように動作しないと、威力が半減するだけでなく、相手に技の起こりが分かり、決して当たることはありません。
移動を意識するあまり、グラグラとバランスを崩してしまう人がいますが、軸をぶらさずに、すり足で移動することが基本です。 移動稽古の中でしっかりと身に付けて行きましょう。

Copyright © haseba dojo. All rights reserved