haseba
戻る
空手のコツI
突きの威力を上げるには?
空手の突き技は、腰が入っていないと、強く打つことができません。
手打ちでは、どんなに速くても相手を打ち倒すことができないからです。
そのため、初心者は腰を引き絞り、その反動を利用して腰を素早く回転させ、突きを放つことを心がけましょう。
それにより、見た目は同じであっても、中身が全く異なる突きを放つことが可能となります。
もちろん、腰は突き・蹴りだけでなく、受けや移動など全てのことに関係しています。
そのため、腰を中心とし、スピード・パワー・キレを磨くよう稽古することが大切です。

Copyright © haseba dojo. All rights reserved