haseba
戻る
空手のコツH
力では勝っているのに、パンチ力では負けてしまう人がいます。どういうことなのでしょうか?
力強く突こうと思うあまり、体に力が入りっぱなしになっている人がいます。しかし、それでは、強い突きなど打てません。
大切なのは、リラックスした状態から、体の各部を締めるまでのギャップです。
弛緩と緊張の振り幅が大きければ大きいほど、力強い突きを放つことができるのです。
また、最初から力を入れていると、動きそのものも小さくなりがちです。
肩甲骨を前に出す意識で突きを出すと、突きが伸びていきますが、最初から力を入れていると関節がガチガチに固まって、短い突きとなってしまいます。
こうしたコツは、普段行う基本稽古をきちんとやっていれば、自然と身につくものです。
基本が大切とされる理由は、そこに強くなる答えが隠されているからに他なりません。他のものに答えを求めるのでなく、今一度、自分のやっていることに答えがないか確かめてみましょう。

Copyright © haseba dojo. All rights reserved